FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
内なる子ども
人はどれだけ成熟した大人になっても、

心の奥深くに「内なる子ども」を住まわせています。

これは比喩や象徴でなく、ほとんどれっきとした一人格として存在しています。

あまりに忙しすぎて、自分のことを後回しにしていると、

この内なる子どもがストレスをためて暴走しそうになります。


なんだかワケも分からずイライラする。涙が出てくる。笑えない。

そんな時は「内なる子ども」が「わたしをかまって!わたしの方を見て!」とサインを送っている時です。

時々、レイキをしながら「内なる子ども」と話します。

これも比喩ではなくて、本当に会話ができます。

コツは「今どう感じているの?今何がしたいの?」と語りかけてあげることです。

時には「内なる子ども」が手足をバタバタさせて、大泣きすることがあります。

そんな時は「ずっとガマンさせてごめんね!」と、こちらももらい泣きしそうになります。


福岡でとても悲しい事件がありました。

事件の結末は、はじめからわかっていた気がします。


子育てに疲れているお母さん、

たまには、いえ、頻繁に「内なる子ども」の声を聞いてあげて欲しいと思います。

世間が、社会が、母親達に「まず自分自身を愛してください」というメッセージを送れたら、

こんな悲しい事件も減るのではないかと思います。
スポンサーサイト
page top
世界でたった一人の
とても当たり前のことですが

世界には二人として同じ人間はいません。

わたしはわたしだけ、世界でたった一人のわたし。

あなたはあなただけ、世界でたった一人のあなた。

これって、ものすごーーーーい事だと思うのです。

わたしがわたしである、そのことに、何ものにも代えられない最高の価値があり

あなたがあなたである、そのことに、ダイヤモンドをいくら積み上げても足りない程の価値がある。

だから、「比べる」って、本当にこれぽっちの意味も無いこと。

自分ではない、誰かのようになろうとするなんて、とっても勿体無い!


わたしがわたしとして生まれてきて良かった。

あなたがあなたとして生まれて来てくれて、本当に良かった!!

そして、お互いに世界にたった一人の存在として、奇跡の確率で出会えたこと、

ありがとう。ほんとうにありがとう!!
© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG