FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
はじめに有るもの 最後に残るもの
とってもやさしくて、愛にあふれている友人が

「わたしの中にとっても意地悪で冷たい部分がある」と。そんな自分がキライだと言いました。

友人は伝授を受けてから、次々と封印していた心の扉を開けていき、

勇気を持って過去と向き合いました。

子どもの頃彼女は、小さな体で、精一杯自分を守りながら生きてきました。

何故自分がそんな目に合わなければならないのか、わけもわからないまま、

おびえながら耐えていました。

そんな思いをしてきたのに、彼女はいつでも笑顔で、たくさんのやさしさを周りに配っています。

彼女の過去を聞いてから、あらためて友人の強さと深いやさしさを思い知りました。

「意地悪で冷たい部分」それはただの傷。本当の彼女ではありません。

本当は誰でも、生まれてきた時は愛そのものだと思います。

愛だけを流しながら、愛だけを受け取りながら生きていきたい。

本当は誰もがそれを願って生まれて来ました。

でも愛ではない体験をしたとき、それは深い傷となって愛の光を曇らせてしまいます。

わたしたちはよく「傷」を自分自身だと思い込んでしまいます。

でも傷はその人の本質ではありません。傷は癒えた時に消えます。

傷が癒えた時、あとに残るものは愛だけだと思います。







スポンサーサイト
page top
晴れた空に見えるもの
なんだかまたも、おもしろいシンクロがありました。

あるお客様から朝にメールで「空を見ていたらキラキラしたものが降ってきました!」と届きました。

そして夜に、別のお客様からも「空にいっぱい光の玉が見えて・・・あれはいったい?」とおたずねが。

確実なことは言えませんが、いわゆるプラーナが見えたんじゃないかと思います。

プラーナは空間に充満する生命エネルギーのことで、レイキもこれと同じだと言ってもよいと思います。

レイキをはじめた事によって、波動がクリアになって見えやすくなったのかもしれません。

わたしも子どもの時に見えていて、これはみんなに見えるんだと思い込んでいて、

親に「この水玉は何?」と空中を指差してたずねていた覚えがあります。

もちろん的確な答えが返って来る訳はなく・・・正体はずっと不明でした。

最近になってネットで知って「あれはプラーナだったのでは?」と思うようになりました。

うーん、でも、確実な事はわかりません。

でも生命エネルギーが空間をふわふわ舞っていると思うと、たのしくなりますね。

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG