FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
光の指で触れよ
今日は夕方から、高校生の娘の修学旅行準備の買い物に付き合いました。

韓国と関西旅行が選べて、娘は辛いものが全くダメなので関西旅行を選びました。

過去にずっと不登校で。学校にずっと違和感を感じていて。

今も「学校に行くと息ができないんだよね。」と言いながら、

それでも自分で決めた事だからと、ストレスが体にも出ているのに頑張って登校しています。

「あなたが頑張ってるのはよーく知ってるよ。やめたければいつでもやめていいからね。」

わたしはこう言いながら見守っているしかないです。


主人公がレイキヒーラーの小説があります。

芥川賞作家の池澤夏樹さんの「光の指で触れよ」という小説です。

光の指で触れよ光の指で触れよ
(2008/01)
池澤 夏樹

商品詳細を見る


「レイキは自分の身体と外界の間の同調を促すことだ。外界はおおげさに言えば宇宙とも言える。アユミの掌はその同調を仲立ちしているにすぎない。」

レイキに主眼を置いた本ではありませんが、この本は今の自分にあまりにタイムリーで、

読んでいる間は至福の時でした。もったいないので少しずつ読んだ程!

表紙のとても印象的な写真は、
ユジェン・バフチャルという、盲目の写真家(!)の写真です。
スポンサーサイト
© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG