FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
光の学級
末娘は現在、小学校の特別支援学級に登校しています。

上の二人のきょうだい同様、どうしても学校の教室に馴染めず、

入学後しばらくして学校へいかなくなりました。

学校には教室に入れない子どもが他に数人いて、何故か全員女の子です。

去年、校長先生がこの子達のために支援学級を立ち上げてくださいました。

天使の波動がバンバン出ている、愛にあふれた素晴らしい校長先生です!


子ども達は工作や手芸をしたり、それを「フリーマーケット」で物々交換したり、

それからそれぞれに「お店」を教室内に開店しています。

「病院」だったり「お悩み相談室」だったり、あるときは「飲み屋」もありました(苦笑)

うちの娘は教室の後ろに「マッサージ屋」の看板をあげています((爆))

教室内だけで通用する「お金」があって、それでお店を利用できるしくみです。

これらのシステムは全て子ども達が考え出しました。


学級では元気な子ども達ですが、みんなそれぞれに感受性の強い子ども達ばかりで、

ずっと集団でいると疲れてしまうようです。

中にはコミュニケーションにつまずくと暴力的になってしまう子も居ます。

学校に居ても「一人になりたい」時があるこの子達のために、

なんと教室内の一角に「個室」を作ってくださいました。

ガーデニング用のラティスとカーテンでパーテーションを作ってくださったのです。

「集団でいる事に学校の意味がある」、と考えればこの「個室」には賛否両論あると思います。

でもこの部屋があるから安心して登校できる、と子供達が感じているのも事実です。

ある場所を「自分の居場所」だと感じるためには、まず安心していられることが必要です。

「この教室は、どんな子どもも登校できる教室にしないといけないんです。」と先生がおっしゃいました。

この教室はいつもあたたかな光で満たされています。





スポンサーサイト
© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG