FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
一生忘れない夢
20代の前半、まだ長女が2歳頃だったでしょうか、忘れられない夢を見ました。

夢のニュアンスをうまく伝えられる自信が無くて、ほとんど誰にも話さずにいました。


宇宙のどこかの惑星の、銀河鉄道のようなプラットホームで、たくさんの人が醜く争っていました。

この惑星はもうすぐ破滅することになっていて、

惑星中の人々が、我先に脱出しようと、プラットホームに殺到していました。

誰もが死の恐怖にパニックを起こしていて、弱い人たちは群集の下敷きになっていました。

誰もが人間らしい心を失っていて、暗い宇宙に囲まれたプラットホームはまるで地獄のようでした。


すると、そこへ、オレンジ色の不思議な光に輝く、とてつもなく巨大な列車が、

音も無く、ゆっくりとプラットホームに滑り込んで来ました。

醜く争っていた群衆は、その列車のあまりの大きさと、圧倒的な神々しさに、

一言の言葉も無く、あっけにとられて立ち尽くしました。


列車の扉が開いて、群集は無言のまま、魔法にかけられたように次々と列車に乗り込みます。

わたしも不思議な気持ちで列車に乗り込みました。

列車の中は、あたたかいオレンジ色の光に満たされていて、

惑星中の住民が乗り込んでも、充分な広さがありました。

列車は無限に広がっているようでした。

包み込むようなあたたかさと、完全な静寂と平安が、そこにはありました。

群集は、みんな安堵して、満たされた笑顔で、思い思いの椅子に腰掛けました。

もう誰も、不安ではありませんでした。

誰もが、この上なく充分に満たされていると分かったからです。

はじめから、何も不足するものなど無かったのでした。争う必要など無かったのでした。


夢から覚めた時、わたしは声を出して泣いていました。

こんな気持ちで泣くのははじめてでした。

宇宙の無尽蔵の慈愛、これを神様が見せてくださったと思っています。

「無尽蔵」というのは元々仏教用語で、「尽きる事のない」「無限の」という意味です。

宇宙の(神の)愛は無尽蔵なんですね。

だから、争ったり、奪い合ったり、不安になったり、恐怖したりする時、

わたしたちは、つくりあげた幻想を見ているんでしょうね。

スポンサーサイト
© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG