FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
弱さと手をつなぐ その2
再評価カウンセリングという手法のカウンセリングを、仲間たちと学びあっています。

再評価カウンセリング(以下RC)では敬語を使わないというルールがあります。

みんなのリーダーシップを取るティーチャーは存在しますが、あくまでみんなが水平の関係なのです。

例えばわたしが50代の大学教授とセッションする場合や、子どもと大人の混合のセッションでも、

決してRCの場では敬語を使いません。

ティーチャーは「ティーチャーズ・タイム」という時間を取ることができます。

これはティーチャーが、ティーチャーとしてのストレスや緊張を、みんなに聞いてもらう時間です。

わたしのRCコミュニティのティーチャーは50代の大学教授の男性です。

はじめてRCのクラスに参加した時、ティーチャーがみんなに囲まれ、

手を握られたり、肩に手を置かれたりしながら、

その仲間の輪の真中で、「すごく怖いよ!うまくリーダーシップが取れるかすごく不安なんだ!」

と率直に感情を打ち明けているのを見て、衝撃を受けたし、また感動もしました。

仲間たちはティーチャーに向かって

「君は本当にいいティーチャーだよ!みんながついているから大丈夫だよ!」

と温かい言葉をかけたり、ハグしたりします。

学校で、会社で、社会で、こうやって弱音を吐くことがもっと許されたら、

日本で、今のように鬱病や自殺者が増える事も無いんじゃないかな。

「弱いことは悪」という価値観の中で、存分に弱音を吐くことができずに、

大人も子どもも、「平気なふり」をしていなくてはならない。

こういう社会が人を追い詰めるのだと思います。

怖いことは怖いと、逃げたい時に逃げたいと、「もー、やだ!」と思った時に「もー、やだ!」と

もっと、弱音の吐ける世の中になるといいなーと思います。
スポンサーサイト



© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG