FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
学びの関係・・・
手相鑑定の募集は締め切らせていただきました。

しかし、万が一「問い合わせフォームから申し込んだのに、返信が無かった!」とおっしゃる方、

おられましたら、michiko@kumanan.co.jp までメールでご一報ください!


4月・・・新学期・・・、この時期は毎年落ちつかない気分になります。

なぜって、子供の先生が変わるからです。

これまでも、先生の対応ひとつで、子どもの生活(登校するか?しないか?)が変わりました。

次女の支援教室には、他校から新しい先生が赴任して来られました。

今度の先生とは・・・、どうやら学びの関係になりそうです。

とても厳格できちっとされて、常識、道徳を重んじるタイプの方というか・・・

わたしはこういう方を前にすると、ただのおびえた子どもに成り下がります(苦笑)

(母親トラウマかなー?)


今日は学級懇談会でしたが、正直、とても気が重い内容でした。

これまで知的障害児だけを受け持ってこられた先生は、

不登校傾向の子どもへの理解があるようには思えませんでした。

「Rちゃんはなんでもすぐに嫌と言いますね。」

「お母さんはRちゃんがこのままでいいと思ってらっしゃるんですか?」

「甘えさせ方がたりなかったんですね。そういう子は後から大変なんです。」

挙句に、Nちゃんがお母さんの隣に居るというのに、

「Nちゃんは病院(精神科)にかかりましたよね?何と言われましたか?」

この時ばかりは、「こどもの前でその話は止めてください!」

と言い出しそうになって、手がプルプル震えました。

でも、Nちゃんに向かって「Nちゃん、運動場で遊んでおいで。」とごまかすのがやっとでした。

悔しくて、涙が出そうでした。

それから、できるだけ、誠実に、今のわたしの気持ちを先生にお話しました。

周りのお母さんたちは、一様に深くうなづいて聞いてくださいました。

でも・・・、先生には届いたのかな。


幸い、以前の支援教室の担任だったS先生が、

スクールカウンセラーとして娘の学校に留まってくださいました!

実は始業式の数日後、S先生がわざわざお店を訪れてくださって、

今度の新しい担任の先生のことで、いろいろお話したことがありました。

その時に言ってくださった言葉、

「れいみちゃんは、何も変わる必要は無いです。」 この言葉に救われました。


絵に描いたような(!)苦手タイプの新しい先生。

ここまで極端な展開になると、これからどうなるか、おもしろそうな気もします(苦笑)

すべての縁は必然です。これはこれで「順調」な流れ。

いったい、どんなステキな学びがあるのかな?
スポンサーサイト
© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG