マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
仕事する喜び
お店をオープンして3年半ほどになりますが、毎年この時期はマッサージのお客様が増えます。

梅雨時は体調が崩れやすい時期のようです。


去年の今頃まではマッサージメインの経営をしていました。

ところが現在、レイキ伝授とマッサージの二本立ての経営になって、

以前のように、マッサージのご予約をすぐにお受けできなくなりました。

「体がつらい今だからこそほぐしてもらいたい!」というお客様のお気持ちを考えたら、

わたしのお店はマッサージ屋の機能を果たしてませんね。

やむなくお断りしたお客様、「いつでもいいです」と数日待ってくださったお客様、

本当にありがとうございます!そして、申し訳ありません。

仕事の形態が変わって離れていかれたお客様もおられます。

一方で、「予約が入りにくいなら」と、数週間先まで予約されるお客様も増えてきています。


お店をはじめた頃は、ご予約を断ることが怖くてできませんんでした。

予約が入れば、出かけた先から飛んで帰っていたこともありました。

でも、ほんとうにたくさんの試行錯誤を重ねて、たどり着いた結論、

それは、「仕事は、まず自分が楽しんでいなくては上手く行かない」ということでした。


自分が良いコンディションで、心からお客様をお迎えできることが、お客様にとっても一番だと思います。

そのためにも、まずは、私が本当に笑顔でいられることが大事!

お店をオープンして、仕事がだんだんと「自分スタイル」になって行きました。

時が経つごとに仕事に喜びを感じています。(感謝します!)


多分これからも、お店も自分もどんんどん変化し続けていくと思います。

その中で、色んな方々との出会いもあれば、当然別れもあるでしょう。

ずっとワクワクしながら仕事をするために、変化を恐れずに受け入れていこうと思います。

そして、開店当初からお付き合いいただいているお客様、友達たち、本当にありがとう!!







スポンサーサイト
page top
朝崎郁恵さんライブ
朝崎ライブ


夕べは友達と、奄美の島唄の歌手、朝崎郁恵さんのライブに行って来ました。

会場であるセカンドサイトの屋上は、ほぼ人で満杯。

朝崎さんの知名度がここまでとは!?正直びっくりしました。

御歳74歳!その声の深くパワフルなこと!

最近はUAとのコラボでますますファン層が広がっています。


会場で、ある女性と、アッと驚くような再会がありました。

家族同然のような人でしたが、4年前にある事がきっかけで、

お互いに色んな気持ちを抱えたまま、会うことのなくなった人でした。

受付付近で、彼女を見つけるや、懐かしさだけがこみ上げてきて、

呼び止めるなり、思わずいきなりぎゅーっと抱きついてしまいました。(苦笑)

彼女はさぞかし戸惑ったことでしょう(^^;)


実はライブの前に、偶然にもふと思い出して、友達に当時の出来事を話していたのでした。

このライブに出かけたのは、この過去の出来事に、一区切りつけるためだったようです。



page top
夕焼け と、バシャール
夕焼け江津湖


夕ご飯を食卓にならべて、ふと窓の外を見たら、空がピンク色に染まっていました。

夕ご飯が冷めるけど・・・と思いましたが、夕日を見に、子どもと一緒に近所の公園まで散歩しました。

今日はお天気も回復して、涼しくて、一日気持ちの良い日でした♪

「梅雨の晴れ間」だと思うと、お天気がもったいなくて!朝から布団を干しまくりシーツを洗いまくり!

つい忙しくしてしまいます。「お天気貧乏性」と密かに自称しています。


また宇宙人ネタで恐縮ですが(笑)「バシャール×坂本政道」という対談本がおもしろくて、

あっという間に読んでしまいました。(※注・内容はかなりディープなので、マニア向けです!)

坂本政道さんは、日本を代表するヘミシンク研究のスペシャリストであり、科学者。

「目に見えない世界」に科学的、数値的に切り込んでいて、

読んでいて「ほぉー!」と目からウロコの新事実の連続でした。(再度言いますが、一般ウケはしません!)

「宇宙人」バシャールも大盤振る舞いだなー。



「過去世でのなんらかのトラウマがハートの問題になっている。」と

自身の「ガイド」から言われたことが気になっているという、坂本さんの発言に対して、

バシャールは、「もしあなたが『自分は何かにブロックされている』と信じることを選択すると

あなたは実際ブロックされた状態になってしまいます。」と答えていました。


何らかの「過去世」または過去の体験の影響を他から指摘されると、

ほとんどの人は、その時点から自らブロックを作ってしまうのかもしれませんね。

「影響されるかどうか」も選択しだいということです。

「過去」にも「未来」にも、絶対的な影響力はありません。

絶対的な力を発揮するもの、それは「今」の自分の「信念」だけだと思います。

page top
温泉とか、アメリカンガールとか
きのうは伝授のご予約がキャンセルになったので、

またまた思い立って、子どもたちと阿蘇へドライブしました。

(W子さんの息子さん、早く元気になーれ!)

梅雨本番に入る前に、阿蘇の景色と空気でしっかり充電しなくては!

写真は最近お気に入りの小山旅館の露天風呂。

休日もほとんど誰も入浴していないし、何と言っても絶景です!

小山旅館


さかのぼって、おとといの夜はオレゴンの女子高生、マギーとサマンサと一緒に健軍商店街の夜市に行きました。

商店街の夜市も年々縮小して、すっかりさびしくなったものです・・・

yoichi.jpg


屋台で「フレンチフライドポテト」が、アメリカの星条旗のデザインの容器に入ってたので、

「なんでアメリカンフラッグに入ってるの?」と突っ込まれました(苦笑)

確かに、「フレンチ」と言っておきながら、容器はアメリカン。カオスですね。

二人は日本好きでアニメおたく!!

今は日本と海外でおたく事情はほとんど時間差無いです。おたく文化は完全に国境越えてます。

今夜も元ダンナさん夫婦、マギー、サマンサと一緒に食事に行きました。(・・・ジョイフルに。)

英語は学生の時は一番好きな教科だったのに、かなり単語を忘れていて愕然としました。(ショック~!)

また勉強しても、普段使わないと忘れるんだろうな~











page top
いきなりアメリカンガール
長女は週3日は父親(元ダンナさん)の事務所でバイトしています。

父親の事務所の1階は「カフェ・ペマ」。元ダンナさんの奥さんのお店です。

というワケで、週に何日か、娘は元ダンナさん夫婦に車で送ってもらって帰ってきます。


今日も娘の「ただいまー」の声に玄関に行くと・・・

いきなりアメリカ人の女の子二人いるしー!!

オレゴン州から来た16歳の留学生二人。今日から一週間元ダンナさんの家にホームステイです。


ユミさん(元ダンナさんの奥さん)が・・・

「今日お店で夕ご飯に食べようと思ってカレー作ったんだけどね、この子達、辛いのダメだって!」

(ユミさんのカレーは本場インド&タイカレー)

おー、なんというシンクロ!うちも夕ご飯カレーだよ、ということで、

我が家のトラディショナル・ジャパニーズ・マイルド・カレーをおすそわけしました。

さっきユミさんからメールで、「カレー、ウケました!」とのこと。よかった。


しかし・・・、いろんな意味で日本の標準家庭とはズレたアサカワ家((爆))

二人のアメリカンガール達も、日本人の認識を新たにすることでしょう。

・・・・多少の誤解含め。(カレーは日本の伝統食とか、日本は一夫多妻制とか)



page top
難聴のワケ
天草のセラピストのあこう大和さんの、公開無料リーディングで、

難聴のことについておたずねした結果
です。

ナルホドー!これは自分でも考えてもみなかったことでした。

難聴と「親との関係」を結びつけて考えたことはなかったので、目からウロコでした。


結果に出ている「両親との関係」は主に母親との関係だと思います。

母親は、子どもにきちんと向き合って話しを聞くということがとても苦手な人でした。

表面的な出来事は聞いてくれても、

学校や友達のことで「怖かった」「いやだった」という精神的な訴えには、

耳を傾けてくれなかったことが度々ありました。

それどころか「そんな話しは聞きたくない」と、実際に耳を覆ってしまうのでした。

そんな時、子どもながらに、母親の中にある「恐怖」を感じていました。


母親自身、発露する先を失った感情を、そのまま抱え込んで生きてきた人です。

だから、子どもが感情的な訴えをすると、母親自身の抑え込んでいた感情が刺激され、

それが恐怖心になって、耳を塞いで逃げるという行動を取らせていたのでしょう。

「耳を覆って」話しを聞くことを拒絶する母親、わたしの難聴・・・

これまで見えていなかった繋がりが見えてきた気がします。


と、あこうさんのリーディングから、自分なりに更にリーディングしてみました(^^)



page top
友達のお墓参りに
友達と3人で、3月に亡くなった友人のお墓参りに行きました。

お墓と友人、がお参りしていてもどうしても結びつかず・・・・

例の歌ではないけど、やっぱり、友人はここには居ないなーと、手を合わせながら思いました。

わたしにとって、「死」は肉体を持って生きていた頃よりも、ずっと自由な次元へ移行すること、

理屈でなく、深い部分でそう感じます。

友達がおはぎをお土産に持って行ったら、友人のお母さんもおはぎを作ってくださっていました!(笑)

でもお母さんのは、ソラマメの白あん。おいしかったー!

色々とご馳走してくださって、今日一日で太った気がします(苦笑)

仏壇の前にはたくさんのアルバム、日記、手紙や仕事のファックスが並べられていました。

それを見せていただきながら3時間近く、ご両親と友人の思い出話をしました。

お母さん、話しては涙、また話しては涙。

友人がマンガ家の大島弓子さんから譲り受け、東京で飼っていた猫さんも、

今ではすっかり熊本の実家に馴染んでいました。

毛並みもよくテップリと太っていて、まさに横綱の風格!

イーヨー


今日はなんだか本当に、友人に会いに行った、という気持ちがして、

帰ってからも心があたたかく落ち着いていました。

また話したいことが溜まったら、「会いに行って」話しを聞いてもらおうと思います。
page top
ブルーな時は
5年前から学んでいる「再評価カウンセリング」の仲間の、レイコがお店に来てくれました。

レイコは染色の作家さん。とても素敵な尊敬する女性で、RCの熊本エリアのティーチャーでもあります。

再評価カウンセリング(RC)は「社交」禁止です。

「社交」してしまうと、現実のしがらみから、純粋に感情を聞きあう事がむずかしくなるからです。

その代り、RCのカウンセラーは、お互いの同意があれば、いつでもどこでもセッションできます。

それでたまにこうして、お店に仲間が来てくれて、30分くらいのセッションをすることがあります。

どんなに混沌とした、とりとめの無い感情も、

真剣に「ウンウン」とうなづいて聞いてくれる相手が居るのは、本当にありがたいです。


わたしは生理の前には、なんだか気持ちが沈むことがあります。

うんと若い頃は、その変化がすごくハッキリしていました。

(あと、満月の頃もイライラしてたなー。)

でも、ここ最近?またハッキリわかるほどの気持ちの変化を感じるようになりました。

40歳。というより、40代?、これまた微妙なお年頃なのかもしれません(笑)

気持ちが沈むときは、普段よりうんと自分にやさしくする、これは大事みたいです。

それと、色んなことに敏感に反応しがちなので、なるべく情報を入れないようにしています。

ネットもテレビも、最小限にします。

ブルーな時は、「おこもり」して「自分によしよし」。これで乗り切ります。




page top
娘の先生 その2
今日は次女もNちゃんも、一日中「たんぽぽ」へは行かずに、

スクールカウンセラーの先生と過ごしました。


・・・・。

なんだか・・・、「たんぽぽ」の担任の先生もかわいそうだなぁと思います。

自分が担任している教室に、子どもたちが来ない日。

先生はどんな気持ちで過ごしただろう?


「悪い」先生ではない、ただ不器用なだけなんでしょう。

先生だって、本当は子どもたちと仲良くしたいに違いない。

でも、先生の中の「傷」(?)が、どうしても歪んだ表現をさせてしまうんだろうな。


誰だって、どんな悪人だって、

心の一番奥には、「愛したい、愛されたい」という欲求しかないと思っています。

生まれた時は、誰もが愛そのものだった。

愛するために、愛されるために生まれて来たのに、

この現実の世界では、それがままならない事がたくさんある。

愛を諦めた時、人は愛を表現しなくなる。


今度、校長先生とたんぽぽの担任の先生とお話する機会があります。

この先生の中に、「何かあたたかいもの」を見つけたい。

あきらめないで行こうと思います。
page top
娘の先生
次女は、5年生になってほとんど登校していません。

次女が籍を置く「たんぽぽ教室」の担任の先生と合わず、どうしても足が向きません。

わたし個人としては、学校は必ずしも通わなくてはならない所とも思っていないので、

次女が自分から動き出すのを待とうかな~、という感じです。

先週は2回登校しましたが、ところが・・・

久しぶりに登校した次女が「おはよう」の挨拶をしても、先生は顔も見てくれなかった、

話しかけても返事もなく、聞いてるのか聞いてないのか分からない・・・

と次女が言うのを聞いて信じられない気持ちでした。


土曜日に近所のスーパーで、同じ「たんぽぽ」に通うNちゃんのお母さんに会って、

「Nちゃん、最近どうですか?」と聞いたら、お母さんは半ば涙声になりながら

「木曜日にN子が泣きながら帰ってきて、『先生がおかしくなった』と言うんですよ。」

聞けば、次女の言うことと同じく、先生は一日中顔も見てくれず、

黙々と自分の作業をしているか、知らない間にどこかへ行ってしまって、

Nちゃんは何をすればいいのか分からず、教室で泣いていたということでした。

給食さえも自分の分だけさっさと取って来て、Nちゃんは全く無視して食べ始めたそうです。


う~ん、これはさすがに緊急事態でしょう、ということで、

今日は夕方教頭先生に時間をとってもらって、

Nちゃんのお母さんと一連の出来事についてお話しに行きました。


はじめてこの担任の先生とお会いしたとき、正直、その瞳の冷たさに驚きました。

体も、まるで武装したように硬いのが、見るだけでわかります。

「あたたかいもの」をずっと受け取ることなく、生きていらしたのかもしれない・・・。

この先生との出会いには、何か学びがあるに違いないと思っています。


次女は先生に「『小さな宇宙人アミ』読んでみてください。」と言ったのだそうです!

次女も、今の先生に必要なものが何なのか?言葉にしなくても、ちゃんと分かっているのです。

もちろん、先生は「スルー」だったのですが・・・。
page top
シナリオを書いたのは・・・
伝授を受けてくれた友達やお客様から、「このことが分かって、本当に良かった。」とよく言われることがあります。

それは、自分の人生のシナリオは、全て自分で書いてきたということ。

このことを「実証」することは、今のわたしにはできないけど、

わたしはこのことを100%信じます。


あまりに過酷な境遇を生きる人にとって、このことはすごく受け入れ難いことだということもわかります。

でも、究極的には、「すべて自分が選んできたこと。」ということを受け入れなければ、

人はまた、自分の人生を「変えていく力」も得られないと思います。


それでも・・・わたしたちは人間です。

「こんな親を選んだつもりはない」「こんな病気になることを選ぶはずが無い」・・・

不本意な境遇に腹を立て、恨み、失望し、自らの「不運」を嘆き・・・

そんな「感情」があるのは、人間だから当然です。

だから、まずはその「感情」をしっかり味わいつくす必要があります。

感情を消化(昇華)させるには、感情を味わいつくすしか方法が無いからです。

(実は、この作業がとても大変!ということは経験上わかります。

サポーターの存在が無ければ、「感情のふた」を開けるのはとても怖いものですよね。)


でも、そこから先は、

もし本当に人生を幸せなものに変えたいのなら、

人生のすべての経験は、自らが選んで来たものだと、それを受け入れる必要があります。

このことを受け入れたとき、人は人生を変えていく力を得ることができる。

不本意なシナリオを書いていたことに気づいたとき、それを望むシナリオに書き換えることができる。

過去に起こったことは変えられないけど、未来を選択することは必ずできる。


「絶対、絶対に幸せになれるからね!」

あきらめずに伝え続けて行きたいな。 人にも、自分にも。
page top
「母なる人たち」×「泣かない男たち」
写真展

妹の友達でカメラマンの、あっちゃんとさかもっちゃんの写真展に行きました。

「母なる人たち」×「泣かない男たち」展。阿蘇白水郷美術館で7月12日まで開催されています。

あっちゃんは数年前から「母」をテーマに作品を撮っていて、わたしも6年ほど前に撮ってもらいました。

会場にはわたしと3人の子どもたちが、まるでサルの親子のように((爆))居間でくつろぐ写真が展示されています。

ほんと・・・サルの親子だぁ(笑) 次女はすっぱだかだし!ちゃぶ台に座ってなんか食べてるし!

ま、このダラダラとゆるい感じが結構好評らしいのですが(苦笑)

それから「男」をテーマに撮ったさかもっちゃんの作品には、元ダンナがモデルになってます((爆))

家族で出過ぎだ!!


3月に亡くなった友人の、ご両親の写真も展示されています。

撮影は友人が亡くなった後になされています。

今日は友人のご両親も会場にいらしていて、色々と友人の思い出話もできました。

美術館のカフェに居る人たちが、庭の方を見てざわついていたので、何かな?と思って見ると、

庭にかわいらしいグレーの野うさぎが来ていました。

雨の中、何か探しに出てきたのかな?


会場であっちゃんが、「そういえば、きんちゃん(私の妹)からすごい写メ来たよ。」

どれどれ・・・?と見せてもらった写メを見て、絶句しました。

妹・・・丸坊主になってるし!!!

有機農業を仕事にしている妹が、田んぼをバックに丸坊主でニッコリ笑っていました。

帰って妹に電話をかけたら、「いやー、この方が簡単だもん。いろいろ。」と言っていました(^^;)

page top
朝崎郁恵さんが来る♪ と、公開無料リーディング
奄美の島唄の歌い手さん、朝崎郁恵さんが熊本でライブしますねー♪

以前のブログでも書いたけど、何年か前にふとテレビを点けたら、朝崎郁恵さんが歌っていて、

そのまま棒立ちで、涙をボロボロ流しながら聞き入ってしまったのでした。(苦笑)

この方の声の力は本当に凄いです。ライブが楽しみです!


それから、天草の誕生数秘学カウンセラーのあこう大和さんが、

ブログで無料公開リーディングを企画されてます。

写真と生年月日などのデータから、現在の波動や潜在意識の状態をリーディングしてもらえます。

かなりお得な興味深い企画です♪是非チェックしてみてくださいね。

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。