FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
反対を知る
koyagi.jpg


今日からしばらくは寒い日が続くみたいですね。

寒い日の「あたたかいもの」が大好きです。

寒い日のストーブ、あたたかい飲み物、お風呂・・・

お風呂で考え事をするのも好きです。

あたたかいお湯に浸かっていると、自然と考えが楽観的になるような気がします。

お風呂の中だと、あーだこーだ考えても最後は「ま、どうにかなるさ!」で締めくくれます(^^)


何年か前のこと、ひどい鬱状態を数ヶ月経験したことがありました。

仕事も上手く行かず、来る日も来る日もお金の心配ばかりし、失恋もし(一応独身なのでアリです)

挙句に家族のように可愛がっていた小鳥が悲しい亡くなり方をし・・・

あの頃を思い出すと、全ての風景がグレーだったような気がします。

大袈裟でなく、その時期はは「人はいつか死ねる」ということが救いでした。


その時期、わたしはなるべく外に出てお日様に当たるよう心がけていました。

お日様のあたたかさを感じると、心の芯から何かが溶けて癒されていくのがわかりました。

自然の癒しの力をありありと感じられるようになったのは、このどん底の時期です。


それから誰に教わったワケでもなく、「ありがとうノート」をつけるようになりました。

(この方法は鬱の治療ではよくあるらしいのです)

一日の中で、ほんの僅かでも「良かったな」「うれしかったな」「ありがたかったな」と思ったことを

一日の終わりに書き込んでいきました。

「今日もご飯が食べられました」とか、「夕日がきれいでした」とか、「子どもたちの笑い声がうれしかった」とか、

こうしてノートをつけて行くと、「いいことは何も無かった」なんて日は一日も無いことに気づきました。

そして最後にいつも「ありがとうございます!!」と付け加えました。


いつもあたたかさの中に居る人は、寒い日にお日様にあたるよろこびはわからないと思います。

いつも豊かさの中にある人は、なんの不安もなく当たり前にご飯を食べられるよろこびはわからないでしょう。


喜びは、その反対を知るからこそ味わえる感情なのかもしれません。

でも・・・喜びの「反対」を知るのは、一度ずつでいいな~としみじみ思います(^^;)








スポンサーサイト



© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG