FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
人生の自由度
きのうから熱発している長男に続き、次女も熱が。

龍ヶ岳に一緒に行っていた甥っ子も熱が出ているそうで、

どうやら先日の天草での集まりで、風邪をもらってきたみたいです。

今日はお客様には本当に申し訳なかったのですが、

伝授を途中で切り上げて、子どもを病院に連れて行きました。

ふたりとも熱が出ているのに、お互いを心配しあっていて、

2段ベッドの上と下で、「大丈夫?」「きつくない?」と声をかけあっていて、

なんだか気持ちがあったかくなりました。

ケンカする時もあるけど、本当はお互い大好きなんだな。


お店にはいろんな年代のお客様が来られますが、

目だって多いのは、いわゆるアラフォー世代の、独身の女性です。

お話を聞いていると、

人生の自由度が高いために、かえって生き方の方向性が見えない、

という葛藤を抱えておられる方が、とても多いです。

わたしは早々と結婚をし、子育てに専念する20代、30代だったので、

逆にいつも「自由が無い」という悩みを抱えていました。

お金も時間も、自由に使える独身の友達がとっても羨ましかった。


でも、最近そういったお客様のお話を聞いていて、

何にも制約されない自由な人生というのも、ある種のつらさがあるんだなーと思うようになりました。

そこには、「わたしは、何のために存在しているのか?」という、

とても根源的な問いがあるように思います。

もちろん、配偶者がいようと、子どもがいようと、この問いは誰の中にもあるものです。

でも、独身の方は特に、この問いと向き合わざるを得ない状況にあるのだと思います。


ただ、ひとつ思うのは、

こうした生き方をする人が増えている状況にも、必ずポジティブな意味があるということです。

これも時代的な必然から生まれた流れです。

こういった生き方から、何か新しい価値が生まれる。

そんな予感もあるのですが・・・。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ポジティブかあ・・・
「人生後ろ向き」ってコラム書いてた同業者思い出したw
ワタシは人生、どっち向いてんだろ?!って真面目に考えたもんw

そーだねえ。
現時点でアラフォーバツ1のワタシにどんだけ自由があるんじゃい!っと問えば、「作ればあるが、作らないでいるとどんどん
自縄自縛してく」って感じよー。
無論、意識しても作れないこともあるけど、「ほおおお・・・」っとしたいのは大いにあるよねー。
仕事と子育てとリハビリと・・・何だかんだとありまする。
最近はそんなドSちっくな人生自体を積極的に楽しもうかなと⇦ウソウソ

ま、冗談話はここいらまでにして、ポジティブでいようと思うと
自然にポジティブなッ言葉使い、所作になってくるよね。
これホント(^ー^*!
みんながそうなってくといいね。
みさ | URL | 2009/05/10/Sun 02:18 [編集]
>みさちゃん

わたしたち(ひとり親、母子家庭)は、多分「自由」とは一番遠い境遇かもしれないね。

でも、守るべきもの、必要としてくれる人が居ることは、自由であることよりも幸せかも?

いつかきっと、追われるように忙しかった毎日を、しみじみお茶でも飲みながら懐古する日が来るよ(^^)

michiko | URL | 2009/05/10/Sun 22:24 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG