FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
難聴のワケ
天草のセラピストのあこう大和さんの、公開無料リーディングで、

難聴のことについておたずねした結果
です。

ナルホドー!これは自分でも考えてもみなかったことでした。

難聴と「親との関係」を結びつけて考えたことはなかったので、目からウロコでした。


結果に出ている「両親との関係」は主に母親との関係だと思います。

母親は、子どもにきちんと向き合って話しを聞くということがとても苦手な人でした。

表面的な出来事は聞いてくれても、

学校や友達のことで「怖かった」「いやだった」という精神的な訴えには、

耳を傾けてくれなかったことが度々ありました。

それどころか「そんな話しは聞きたくない」と、実際に耳を覆ってしまうのでした。

そんな時、子どもながらに、母親の中にある「恐怖」を感じていました。


母親自身、発露する先を失った感情を、そのまま抱え込んで生きてきた人です。

だから、子どもが感情的な訴えをすると、母親自身の抑え込んでいた感情が刺激され、

それが恐怖心になって、耳を塞いで逃げるという行動を取らせていたのでしょう。

「耳を覆って」話しを聞くことを拒絶する母親、わたしの難聴・・・

これまで見えていなかった繋がりが見えてきた気がします。


と、あこうさんのリーディングから、自分なりに更にリーディングしてみました(^^)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

連鎖だったのね・・・
みっちゃんの難聴は聞いて知ってたけど。
なるほど~。

お母さんも、そのまたお母さんに話を聴いて貰えなかった・・・ってことかな。

みっちゃんは子どもさんらの言葉にちゃんと向き合うことを
しているから、もうこの負の連鎖はここでおしまいだね。

これからも応援しているよ^ー^*。
みさ | URL | 2009/06/17/Wed 02:34 [編集]
>みさちゃん
応援、ありがとうね(涙)

わたし、耳以外はおかげ様でどこも健康なんだけど、耳が悪いってツライよー。

なにより、人とのコミュニケーションに自信が持てなくなるからね。

だから、わたしの仕事も交友関係も、自然と「少人数対応」になってるの。

「負の連鎖」は断ち切った自信があるよ!

言わば、母親は子育ての反面教師になってくれたんだよね。

皮肉じゃなく、これも母親からのギフトだなと思う。
michiko | URL | 2009/06/17/Wed 22:27 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG