FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
記憶
テレビで流れた、お腹の中の胎児の映像を見ながら

小学4年生の末娘が「本当はもっと暗かったよ。」と言いました。

「もっと暗くて、ぶよぶよした壁に青い血管が見えてたよ。」・・・だそうです。

「どんな気持ちで入ってたの?」とたずねたら

「ほええ~~~~って感じで入ってた。」だそうです。

長女は3歳の時「手をこーして(胸の前で腕をクロスさせて)入ってたよ。」と言ったことがあります。


今日はオーラソーマやクリスタルボールでヒーリングしているヒーラーさんが店を訪れてくれました。

いろんな事を楽しくおしゃべりしました。

その中で「闇を見ないで光を見る」という話になりました。

問題にとらわれるとどうしても「この闇をどうやって照らそうか」と意識は闇にばかり目が向きます。

こんなとき、案外大事なのは「闇から目をそらす」ことだったりします。

それは「見ようとするもの」がすべてわたしたちの現実になるからです。

もっと良いのは「光を見ようとする」ことです。

光の方に意識を向けたとたん、闇ははじめから無かったかのように霧散するものです。

この魔法のような瞬間に気付くのは意外とむずかしいのかもしれません。

「結局はタイミングなのかもしれませんね。」とお互いうなづき合ったのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG