FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
「信じてる」は100%で。
kuronekosan.jpg

少し前に中2の息子の三者面談があり、中学卒業後の進路などを話しました。

それからは息子も少し受験の二文字が頭をよぎるようになったみたいです。

息子はいわゆる「ゲーマー」で、暇さえあればゲーム機を手にしています。(ため息)

何やらパソコンと連動させて裏技の研究みたいな、手の込んだこともやってるみたいです。


学校で進路の話しをした後、そんな息子を見かねてある日こんなことを言いました。

「母さんはショウタのことを信じてるからね、やる時はやると思ってるけど、

いつまでもその生活パターンじゃ後で困ると思うよ。」


それを聞いていた長女(18歳)がこう言ってわたしに腹を立てました。

「母さん。そんなことを言うこと事態、ショウタの事を信じてないってことだよ。」と。

「本当に信じてるならほっときなよ。」

ううーむ。鋭い。・・・ごもっとも。

そして、なんだかショウタを裏切ったような、傷つけたような気がして、申し訳ない気持ちになりました。


「信じる」ということ、それは「100%」信頼するということのはずですね。

「90パーセント信じる」は、もう「信じてない」のです。

子どもは完全に見抜きます。

逃げも隠れも、ごまかしもできませんね。


でも、「わたしのことを100パーセント信じてよ!」と言える関係っていいなーと思うのです。

それは信頼関係がなければできないことだと思います。

子どもから「100パーセント信じる」ことを期待されるのは、なんだか嬉しいのです。


今わたしは子どもを100パーセント信じているか?

わたしはわたしを100パーセント信頼しているか?

たまに自分に問いかけてみることにします。











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おなじく・・・
うちの息子もですよ。
高2なのに!!
ずいぶん前に岸信子さんの日記に「信じる心の強さ」ということが書いてあって
私も胸に置いてます。
時々信じられない弱さに襲われますが。。。笑

逆に51%でも信じていたら「信じているという事!!」
と言ってくれた人もいますよ。

信じてくれている人の事は、裏切れませんね。
だから何も心配しなくていいのかな?とも思います。
りえもん | URL | 2010/01/20/Wed 22:23 [編集]
>りえもんさん
この日記を見て「うちの息子もゲーマーです」とぼやかれた(?)方は他にもおられます(苦笑)

そうですね、100パーセントはかーなり!ハードル高いですよね。
でもうちの子はそこを容赦してくれないんですよ。
このこと以外にも、はっとさせられるような事をたまに言います。

難易度の高い子育てにチャレンジしてるのだと思うことにします(苦笑)



michiko | URL | 2010/01/21/Thu 23:10 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG