FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
内なる子ども
人はどれだけ成熟した大人になっても、

心の奥深くに「内なる子ども」を住まわせています。

これは比喩や象徴でなく、ほとんどれっきとした一人格として存在しています。

あまりに忙しすぎて、自分のことを後回しにしていると、

この内なる子どもがストレスをためて暴走しそうになります。


なんだかワケも分からずイライラする。涙が出てくる。笑えない。

そんな時は「内なる子ども」が「わたしをかまって!わたしの方を見て!」とサインを送っている時です。

時々、レイキをしながら「内なる子ども」と話します。

これも比喩ではなくて、本当に会話ができます。

コツは「今どう感じているの?今何がしたいの?」と語りかけてあげることです。

時には「内なる子ども」が手足をバタバタさせて、大泣きすることがあります。

そんな時は「ずっとガマンさせてごめんね!」と、こちらももらい泣きしそうになります。


福岡でとても悲しい事件がありました。

事件の結末は、はじめからわかっていた気がします。


子育てに疲れているお母さん、

たまには、いえ、頻繁に「内なる子ども」の声を聞いてあげて欲しいと思います。

世間が、社会が、母親達に「まず自分自身を愛してください」というメッセージを送れたら、

こんな悲しい事件も減るのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG