FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
にょろにょろメッセンジャー
きのう伝授を受けられたAさんからメールをいただきました。

今朝がた、自宅のお庭ではじめてヘビに出会い、ものすごーくビックリしたとのこと。

(Aさんブログに書かせていただきました。ペコリ)

先日のお客さまといいAさんといい、伝授の直後にヘビさんに遭遇しているのですね。


ヘビは脱皮する性質から、古代から変化の象徴とされて来ました。

アボリジニにとってヘビは「古いものを脱ぎ捨て、新しく生まれ変わりなさい」というメッセージです。

変化を恐れず歓迎すれば、今よりも確実に素晴らしい未来が待っています。

今まで知らなかった、自分の新しい才能や魅力を発見することでしょう。

ヘビは変化を祝福するメッセンジャーです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

へびさん
コンクリートの官舎育ちなので、爬虫類はトカゲくらいしか仲良しになれませんでした。
だからへびって珍しくて(変な人)
阿蘇の小学校で、ガキ大将・・・うーん違うな、野生児。
そうそう、野生児!
そういう男の子がいて
「なつやすみのしゅくだい」と称して

画用紙に「まるごとのへびのぬけがら」をはりつけてきちゃったんですよ。

低学年の担任の教員は「きゃーっ!」でさわれない。
野生児くん本人はいたずらじゃなくてまじめに見つけたのをはってきただけなのに。
きっと同級生がやってる押し花か何かとごっちゃになったんだろう・・・

ですが、縁起がいい! というので職員室にそれは持ちこまれ
平気な職員みんなで「スリスリ」させてもらいました。
当時一番年若だった私が平気で野生児くんに
「すごいね! 頭から尻尾まで全部きれいに残ってるの見つけたね!!」
とか言ったら
それから他の児童たちまで
ガラス窓にぶつかって気絶したカワセミだの
登校途中でとってきたイモリだの(お腹が赤いほう。両生類。ヤモリは爬虫類)
私に見せに来るようになり。

私は動物係りになってしまったのでした。
※カワセミは発見者の児童達と一緒に
離れて見ていたら気がついて飛んでいき、無事でした
あと、イモリは飼育が難しいだろうから、元おったところにかえしてきなさい、と
言いましたです。
田舎は自然が厳しくて住むのは大変ですが楽しいのです。
かよこ | URL | 2008/10/08/Wed 22:36 [編集]
>かよこさん
すごい生物のバラエティの豊富さ!
田舎は豊かだ~。いろんな意味で。

そうそう、子どもって捕った獲物(?)を必ず大人に見せに来ますね~
ネコと同じ類の習性なのかな・・・?
うちの長女も死んでたヘビを自転車のカゴに入れて持ってかえったことがあったー!!しかも「かわいそうだったから」とか言って・・・

わたしは「どこか遠いところに埋めておいでね。」と言うのがやっとで、直視できなかったです。
みちこ | URL | 2008/10/08/Wed 23:12 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG