FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
クミちゃんとさようなら
muuminnsya.jpg

ゆうべ日付が変わる少し前に、実家で飼っていた猫のクミが亡くなりました。

クミは、来月19歳になる長女が1歳の頃に生まれたので、

もうかれこれ18年くらい生きたことになります。

ペット霊園の職員の方も長生きにびっくりなさっていました。

クミの親は、長女が赤ちゃんの時に家に迷い込んで来たサトちゃんです。

サトちゃんも去年(おととし?)突然帰らぬ旅に出たので、

きっとあれが死期だったのだと思います。

いつもは鳴かないサトちゃんが、元ダンさんに「ニャー!」と挨拶(?)して、

外に出て行ったきり、帰って来なかったそうです。

サトも17年くらい生きたかな~?

親子で長生きですね。体が強かったんでしょうね。


今日はペット霊園にクミちゃんを連れて行って、お経をあげてもらいました。

実家と同じ法華経だったので、覚えているところは一緒に唱えました。


クミは亡くなる4、5日前から急にご飯を食べなくなりました。

それ以前は病気ひとつせずに、とても元気でした。

急にご飯を食べなくなって、急激に痩せて行って、

だんだん動かなくなりました。

ゆうべは母親に抱かれて静かに息を引き取ったみたいです。

楽に亡くなるって、こういうことだなと思います。


きのうの午前中、痩せてじーっとうずくまるクミに手をあてていました。

「もうお迎えに来てもらっていいよ。大丈夫だよ。」

という言葉を自然に繰り返していました。


わたしも亡くなると決まった時は、

「大丈夫だよ。行っておいで。」と言われながら亡くなりたいな。

そして、誰かの手で触れられながら亡くなりたいな。

うん。子どもに遺言しとこう。










スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

クミ、最期までクミさんらしいですね。
大往生ですね。

早く逝ってしまったメイと遊んでるかなぁ。

我が家でもお線香あげますね。
shimo | URL | 2010/11/08/Mon 11:22 [編集]
>shimoちゃん
クミ、とても安らかだったよ。
こんなふうに逝けたらいいだろうな~と思うくらいに。
親のサトもだったけど、なんというか、「できた」猫でした。

幸せな一生だったと思います。

お線香ありがとう。
クミも喜ぶねe-251



michiko | URL | 2010/11/08/Mon 22:25 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG