FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
宇宙の気持ち
きのうは「神との対話」読書会とワンネスダンスクラスの日でした。

読書会は「神との対話1」のエッセンスとも言える箇所をみんなで読み合わせました。

なぜ宇宙(神)はわたしたちを創造したか?

わたしたちは「学ぶ」ために生まれて来たの?

宇宙の気持ちになってイメージしてみました。


宇宙には目的も必要性も無い。

それは永遠に続く一瞬の爆発。

すべての色、すべての音、すべてのにおい、

すべての感情、すべてのドラマ、すべての歴史が

同時に創造された。

はじまりもなく、終わりもない。

一瞬にして永遠。

唯一の時であり、すべての時でもある。

善であり、悪。上であり、下。

想像しうる限りもっとも美しい何かにして、想像しうる限りもっとも醜い何か。

ありとあらゆる色、ありとあらゆる音、ありとあらゆるドラマがそこにある。

宇宙は自分の素晴らしさに歓喜する。

歓喜は愛になって溢れる、溢れる。

「自由」ということ、それこそが愛の形。

味わいなさい。味わいなさい。

歓びなさい。歓びなさい。

あなたがたの経験、その多様性こそがわたしの歓び。

何もかもがわたし自身。

わたし(神)でないものは何もない。



「・・・こんな気分かな~?」と言ったら、

ダンスクラスの先生でもあるユキさんが「エクスタシーですね~」って。

はい、わたしもそう思います。


究極的な「静」として宇宙を感じる人も居ると思います。

あたたかいエネルギーの広がりとして感じる人も。

どれも正解だなと思います。

わたしははワクワクするようなエネルギーの爆発を感じるのが好きです。

そうそう。「崖の上のポニョ」を見たとき味わったのも、この感覚でした。










スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG