FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
映画「マンデラの名も無き看守」と記憶
あー、目が真っ赤です。

泣き腫らしたのでわたしを見た長男がぎょっとしてました^^;

正直何の気も無しに借りたDVDだったのですが、

これを今日見たことはすごく意味があったんだなと思います。

以前、瞑想のようなことをしていた時に、ある自分の前世が見えたことがありました。

それはこの日の日記に書いてます。

そんなことは全然忘れていたのに、

この映画を見たら、また当時の(前世の)気持ちがぶわーっとリアルに出てきて、

もう映画は関係無しに涙が止まらなくなりました。

映画にはアパルトヘイトの歴史が描かれています。

黒人を不当に差別し、虐待するアメリカ人。

わたしも過去に同じようなことをしていたことを、また思い出しました。

差別への過剰な反応、正義感、権力に対する反抗心、

それは、癒されていない過去から来てたなと、また今日かなりはっきりとわかりました。

自分は権力や差別構造を許せないのでなく、

実際にそれを行っていた、「過去の」自分を許せないのでした。

(また書きながら泣けてきます)

映画を見ながら、黒人を鞭打つアメリカ人と自分がだぶり、

とても辛くて、「ごめんなさい。ごめんなさい。」と心の中で言いました。

こういう映画を見ると、いつも憤ったり、悲しくなったりしていたのは、

虐げられた人の立場に立っているからじゃなく、

虐げていた自分が許せなかったからです。


こういうトラウマはきっと人類規模で残っているんだろうな・・・。

今できることは自分が無知のためにやった事を認めて、

「ごめんなさい。」と言うこと。

そんなことを思いながら見ていたら、

主人公のアメリカ人が、自分のやったことを許してくれとマンデラに言う場面があり、

それに対してマンデラは「みんな与えられた仕事があるのさ。自分を責めるのはやめなさい。」

みたいなことを言ったのです(号泣)

これ、わたしに言ってますか!!?

わんわん泣いたら、頭がすっきりしました。

トラウマを癒すと、明晰さが戻って来るんだなーと実感。

逆に言うと、トラウマが頭に霧のようにかかっていると、

人は明晰さを失うんだよね・・・。

トラウマに向き合って癒すことって、

本当の智恵を持って生きるために必要なことなんだろうな。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG