FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
苦しまなくても学べる
rensyukai2.jpg

今日はレイキ練習会でした。

最近のレイキ練習会はスキル交換会みたいで面白いです。

オラクルカードやペンジュラム、姓名判断などなど・・・

前回の練習会では、最新のカラーセラピーを披露してくださった方もいました。

それぞれに勉強したスキルで、お互いに鑑定しあって楽しんでいます。

いろんな方からいろんな情報が受け取れて、すごく有意義な時間でした。

みなさんありがとうございました。


アルバイトの方もずいぶんと慣れました。

お店の仕事のように、気持ちをお客さんに集中させる精神的な?お仕事も好きだけど、

黙々と体を動かす仕事も大好きです。

両方のバランスが取れているのが自分には合っているみたいです。

とは言え、アルバイトの中にもいくつか「チャレンジだなー」と思うことがあります。

そんな事があると「何の成長のためにこれを設定したのかな?」と考えます。

この程度の壁は人生には大小、いくつもいくつもあります。

でも最近思います。(いや、ずっと前からかな?)

人は苦しみによってしか学べないのだろうか?・・・と。


今から書くことは、きっと納得がいかないと思う人がたくさんいると思います。

特に、苦しみの真っ只中にいる人には、腹立たしい内容かもしれません。

でも、もしこのことに沢山の人が共感すれば、

地球上から苦しみが少しでも減るのかもしれない・・・

ちょっと本気でそう思っています。


苦しみに直面した時、「これはわたしに必要なこと。わたしを高めてくれること。」

と考えることは、人として、とても尊いことだと思います。

けれど、学んでも学んでも、苦しみが尽きることが無いのは、

この世から、戦争や病や差別や貧困が無くならないのは、

もしかしたら・・・

「人は苦しみ無しには成長しない」という、

人類に染み付いたパターンから来るものなのではないかと思うのです。

越えるべき壁や、苦難が無くなるのが・・・

ほんとうは、わたしたちは、怖いのではないでしょうか?

人類全体という、大きな視点では何も確かなことは言えないけど、

わたし自身のことを言えば、まさしくそのとおりです。

わたしは、人生から壁や乗り越えるべきチャレンジが無くなったら、

心の焦点をどこに定めて生きていいのか、わからなくなりそうです。

だから「もういいよ。愛や楽しみから学ぶこともできるよ。」と

いつも自分に言い聞かるようにしています。

人は苦しみに中毒します。

耐えていない、努力していない自分には価値が無いように感じるからです。

もし、苦しみの真っ只中にあるならば、

一度自問してみて欲しいのです。

「苦しみを手放そうとしないのは自分自身ではないか?」と

地球上のたくさんの人がこの自問をしたら、

きっと何かが変わるのではないかと思います。

苦労や苦しみを過剰に美化したり、そこに価値を置くような社会風潮も、

本当の平和の実現を、実はさまたげているのではないかと思うのです。

神様は、「苦しまなくってもいいんだよ」と言ってくださると思うのです。


と、こんな風に思っているわたしにも、

やはり相変わらず頭の痛い状況というのは次々に起こってきます。

「自分では望んでないはずなのに何故?」と思います。

そういう時は魂の深い部分で(意識に上らない部分で)

自分の成長のためにそれを選んだのだなと、すんなりと受け入れるようにしています。

なんせ、意識に上らないんだから、コントロールのしようがありません。

でもそのつど、壁に抗わず、受け入れて、

やっぱり最後には

「もう苦しみから学ぶのはやめていいよ。」と、

根気よく自分に言い聞かせます。

なんだか魂の壮大な計画の前には、意識なんてでくの坊だけど、

少しずつでも、苦しまない人生を選び取っていきたいのです。

苦しみに中毒しない地球に、なったらいいな。

心から願わずにいられません。



















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。