FC2ブログ
マッサーージとレイキのお店「さゆら」のセラピストが気まぐれに更新する日記です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
いろいろで。いろいろ思う。
ええー、と。

ここ最近気持ちがユラユラしていて、どっちかと言うとテンション低いです。

理由はほんとうにイロイロです。

こんな時があってもいいよね。

落ち込むと、落ち込んでる自分が許せなくて、

意地でも這い上がろうとやっきになるのがわたしの常ですが、、

別に、落ち込んでてもいいじゃん。そう思いました。

「この状況をどうしたらいですか?」とたずねたら、

「今は、暗い土の中で発芽を待つ忍耐が必要です。」

と、言葉が返って来ました。

そしたら、なーんだ、今は土に潜っていていいんだ、と思い、

それから自然に笑いたくなりました。

ふふーん。こういう這い上がり方もあるんだ。

そういうワケで、しばらく土に潜ります。

いえ、やることはちゃんとやります。

土に潜ってたって、起きて、立って、家事をし、仕事もします。


話しは変わりますが、息子がブログに書いていたことに、

ちょっとビックリもし、感動もしたので、

息子に内緒でかいつまんで紹介します。

息子がブログを書いていることも知らなくて、

元ダンナさんのツイートで知りました。

「・・・・んで、思ったんだが、幸せって常に流れているような物で
それをどう感じるかだと思う。
例えば
そこに、たい焼きがあったとして
お腹が空いている人からすれば幸せなのだが
たい焼きが嫌いな人は、幸せを感じないもんだ
そもそもたい焼き嫌いな人居るのか(´・ω・`)
と言う事は今の俺は幸せを受け流しているのだろう
(中略)
幸せを自分から逃しているのだと言う事
今の俺は幸せでも不幸でもないって事なんだろう
すべては無なのだし、人それぞれの感じかたで
「幸せ」って物があるわけでもない

今も十分幸せなんだ

俺の幸せは人の幸せである
つまり俺がどんなに金がなく快適な生活が送れてなくとも
人を幸せにできるなら、俺もまた幸せなのだ
他人から見たら幸せでは無いように見えるのだろう
んまぁ、幸せかどうかは自分自身しか分からないか・・・」

わたしはこういう話を直接息子にしたことは、これまで一度も無いと思います。

なんだかねー。言わなくても伝わってるものだんだなーと、

伝わってしまうもんなんだなーと。

善きにつけ悪しきにつけ。

親子って不思議ですね。

「俺の幸せは人の幸せである」という一文を読んだ時、

とても嬉しかったのです。

ああー、間違ってなかったと、そう思いました。

息子が、他の人の幸せのために、自分を役立てることができますように。

それが息子の魂の望みだから。

でも、息子よ。

他人を幸せにできなかったからと言って、決して罪悪感を抱かないで欲しい。

それは、それで、間違ったことなんだよ。

まずは、誰よりも、君自身を幸せにしていいんだよ。

今はむずかしいと思うけど、

何度か挫折して、きっとわかると思うよ。








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© さゆら日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。